患者の自立支援に資する課題分析・アセスメントシステム

山田方式ケアプラン構造とは

ケアプラン作成において、一番時間のかかるアセスメントの作業時間を短縮・簡素化するために開発された方式です。
無駄なく円滑にケアプランを作成できるよう、シンプルな入力方式を実現しています。
地域包括支援センター・相談支援事業所でも活用できる製品です。

ケアマネの働き方も改元と共に変わります!

山田方式のソフトウェアを使えば、ケアプランの中身をご利用者にわかりやすく説明でき、また正しく理解されることで自己決定がしやすくなり、ケアプランにご利用者の意向が反映されるようになります。
今まで時間が掛かっていたアセスメント作業の時間を短縮・簡素化し、事務作業に追われる日々から脱却、本来あるべき仕事へと注力できることが期待されます。

実践されている手法をシステム化

アセスメントに特化して長らく現場で運用されてきた手法を提供します。
また、書類数がすくなくシンプルな実践方法でもあります。

セクションサブタイトル

最新ニュース

載りました

2021年4月23日発行のシルバー新報の9面に乗りました

研修・勉強会参加者の声

山田方式ケアプラン構造の研修・勉強会受講者の声 出所:研修・勉強会主催者(地域包括支援センター)より